元気な生産者たち

  1. トップページ>
  2. 元気な生産者たち>
  3. 仕入れから販売までを実践!農高生が愛たい菜で販売実習さん(大洲農業高校の生徒が、愛たい菜で販売実習を行いました!)

仕入れから販売までを実践!農高生が愛たい菜で販売実習さん(大洲農業高校の生徒が、愛たい菜で販売実習を行いました!)

http://www.aitaina.jp/producer/photo/DSCN7030.JPG

~3月17日(日)~


仕入れから販売までを実践
農高生が愛たい菜で販売実習

 


DSCN7121.JPG

 

農業経営について学んだ成果を実践しようと
県立大洲農業高校の生徒が3月17日
たいき産直市「愛たい菜」で大洲産のイチゴの販売実習を行いました。
生徒自らが仕入れから宣伝、接客、販売までを一貫して行うことで
起業家精神を身につけるのが狙いです。

販売実習を行ったのは
県立大洲農業高校生活科学科で農業経営を学ぶ2年生12人。
昨年4月から農業簿記、販売、流通について学んできましたが
販売実習は今回が初めて。
 

事前に市内で市場調査を行うなど、本格的な仕入交渉も生徒自らが行いました。
また、POPの作成、損益計算、接客、レジ担当
アンケート作成などを役割分担し、当日に向けて準備を進め
JA愛媛たいきから仕入れたイチゴ100パックを愛たい菜の店頭で販売しました。

 

DSCN7041.JPG

 

DSCN7077.JPG

 

DSCN7107.JPG

 

 

 最初は緊張した面持ちでしたが、商品が売れ始めると
「いらっしゃいませ!大洲のおいしいイチゴいかがですか」
「本日限りの販売です!」などと声掛けしながら
お客様とのやり取りを楽しむ余裕も。

おつりが不足したり、箱買いのお客様への対応など
想定外の出来事に右往左往した場面もありましたが
イチゴ100パックはわずか45分で完売と大盛況。

DSCN7060.JPG


 担当の森洋明先生は
「農家に出向き、販売にいたるまでの経験をさせることも必要。
販売実習の回数を重ねながら、販売における計算力、経営力をもっと学ばせたい」と話します。
また、お客様への声掛けを考えるのが楽しかったというリーダーの高橋由加さんは
「準備に手間取った部分もあったけど
お客様に『ありがとう』と言っていただいて嬉しかったです。
またチャレンジしたい!」と笑顔を見せました。

DSCN7125.JPG

 

  DSCN7049.JPG

ページの上部へ